プジョーのミニバン5008の買取価格について

投稿者: | 2016年7月6日

プジョー5008は、5ドア7人乗りFFのミニバンです。現地フランスでは2009年から販売されていたものが、2013年なって日本でも購入できるようになりました。日本仕様では、エンジンは1600ccのガソリンのみで、トランスミッションはATのみとなっています。

新車販売価格は、2013年当時が300万円から330万円、現在では価格改定もあって330万円から360万円となっています。

このプジョー5008は、販売開始から年数が経っていないことや販売台数自体が少ないため中古車市場でも流通量が少ない車です。

取引台数が少ないですが、その中で買取価格をみてみますと次のような傾向がみられます。

2013年式の買取価格は、中心的な価格が160万円前後です。安いところでは100万円台前後で高いところは200万円くらいです。この年式の新車価格が300万円台前半ですから、買取価格は半値程度に下がっているようにみえます。

2014年式になりますと、買取価格は、全体的に20万円から30万円くらい2013年式より上がります。180万円から190万円程度の取引が多く、少ないながらも200万円前半というものもみられます。

2015年式は、買取価格の幅が大きく、下が200万円弱、上は200万円台後半です。

いずれの年式でも買取価格の高い5008は、走行距離の短いものが多く、3千km未満では200万円台で取引されているものが多く、3万kmくらいまでは価格はそれほど下がりません。ただ、走行距離が3万kmを超えますと、急に買取価格が低下してきて、5万kmを超えますと100万円前後のものもあります。

以上ですが、2014年式または2015年式で走行距離が短かければ200万円以上で、1万から3万kmでも100万円台後半で売れる可能性が高いようです。このようなコンディションの5008を売るのでしたら、なるべく早くするべきでしょう。また、長距離を走ってる2013年式でしたら車検をとって乗り続けるという選択肢もあります。