プジョー208の概要と買取価格の目安について

投稿者: | 2016年7月12日

プジョー208は、207の次のモデルとして2012年から発売されています。ボディは3または5ドアのハッチバックで、日本では、1.2L直列3気筒ないし1.6L4気筒のガソリンエンジンを積んで、5ないし6速のマニュアルあるいはセミオートマチックトランスミッションによって前輪を駆動します。前輪のサスペンションはマクファーソンストラット、後輪はトーションビームです。

現在のプジョー208のグレードは、1.2Lガソリンエンジン車が新車価格199万円のスタイルから259万円のGTラインデビューエディションまであり、1.6Lでは322万円のGTiと369万円のGTiバイプジョースポールがあります。

なお、現在のプジョー208のボディは、発売当初の2012年モデルより若干大きくなつています。

さて、買取価格を年式別にみてみましょう2012年式は、1回目の車検の更新をしたばかりですから、現時点では流通している台数が少ないようです。少ない台数ですが、買取価格帯をみてみますと、グレードを別にして、下は70万円台から上は140万円から150万円程度です。

2013年式は、車検を迎える車も多ですから、流通も多くなっています。中心的な買取価格は100万円から120万円の付近で、下は70万円位から上は200万円近くまであります。

2014年式は車検まであと1年といったところですから、買取に出すかどうか迷うようで、流通台数が1013年式より少なくなります。

2014年式の中心的な買取価格は、110万円から130万円、下は100万円前後、上は200万円前後です。

2015年式は、流通台数が2013年式と同じくらいに増えます。中心的な買取価格は150万円前後で、下は100万円程度、上は250万円以上と幅が広くなっています。

一番新しい2016年式は、流通台数が少なく、買取価格もバラバラですが、買取の多い価格帯は150万円から160万円というところで、下は120万円程度、上は250万円以上となっています。